成人病にならないよう食生活に気を付ける子供たち

従来、成人病といえば大人が罹る病気でしたが、現代では子供も成人病になる場合があります。やはり、生活スタイルが大きく影響していると考えられるでしょう。そこで、子供のうちから成人病を防ぐ方法を見ていきます。

子供の罹る成人病とは

成人病の成人は、20歳のことをあらわしているのではなく、働き盛りにある年齢層の人をあらわしています。それくらいの年齢層の人に、成人病に該当する糖尿病や高血圧などが多く見られたことから、このような名称がつけられたわけです。また、生活習慣の乱れやストレスで起こる逆流性食道炎も近年なってしまう方が多くいるようです。症状を改善にはネキシウムを1日1回服用することで、逆流性食道炎に起こる症状を改善することができます。成人病の発症は年齢が第一の原因ではなく、その人の生活習慣が大きく関与していることが明らかになったために、生活習慣病と言う名称に変更されたと言う経緯があります。と言うのも働き盛りではない年齢の人の中にも、成人病に該当する病気にかかる人の数が多くなってきたためです。特に大きな問題となっているのが、子供の成人病罹患です。子供が罹る成人病として特に多いのが、頭痛や肥満、糖尿病です。頭痛は主に片頭痛が子供に多いとされています。正確な原因は解明されておらず、慢性的な疾患となりやすいとされています。片頭痛の治療薬にはボルタレンやイミグランと呼ばれる薬が有効です。慢性的な頭痛や群発頭痛にはイミグランが使用されます。片頭痛の鎮痛にはボルタレンなどで痛みは治まりますが、完治せず成人になっても片頭痛を患う方が多くいます。次に肥満ですが、文部科学省の報告によると、12歳、9歳、6歳における肥満児童の出現率は、1970年代と2000年代を比較すると、およそ30倍にもなっています。テレビゲームの登場によって外で遊ばなくなったこと、またそもそも安心して遊ぶことができるような環境が減ってしまったこと、更には食生活の欧米化、共働き両親の増加によってインスタント食品を食べる児童が増加していることなどが、その原因として指摘されています。そして肥満は、他の成人病を引き寄せる原因となります。そのひとつとして挙げられるのが糖尿病です。肥満だと、そうでない人に比べて糖尿病にかかるリスク、またその症状が悪化するリスクが高くなると言うことは明らかになっており、これは子供であっても同様です。子供が成人病に罹ることは、その子の人生にとっては勿論のこと、社会全体にとっても、非常に憂慮すべきことです。ですから、正しい食生活や運動習慣の重要性に対しての啓発教育を行うことが必要ですし、時にはその子供の家庭を含めた支援をすることが求められます。