成人病にならないよう食生活に気を付ける子供たち

従来、成人病といえば大人が罹る病気でしたが、現代では子供も成人病になる場合があります。やはり、生活スタイルが大きく影響していると考えられるでしょう。そこで、子供のうちから成人病を防ぐ方法を見ていきます。

生命の危機を脅かす成人病・手軽に健康管理する方法

成人病は、生命を脅かす可能性もあります。
糖尿病、高血圧、脂質異常、がん、などが主な成人病ですが、どれも徐々に体を蝕んでいく病気です。
糖尿病は病名からすると単に尿に糖が出るというくらいしかイメージがありませんが、全身の血管と神経を蝕んでいく成人病です。
糖尿病が直接生命を脅かすというよりも、糖尿病に伴う合併症によって生命のリスクが高くなります。腎症、神経症、動脈硬化、などがあり、どれも生命維持のための装置を破壊します。
動脈硬化は加齢に伴い誰にでも多少は起こりますが、糖尿病の人は健常者に比べて血管の劣化が早いです。この影響はさらに広がり、男性ではED(勃起障害)などの病気が起こることもあります。
糖尿病になってしまうと、外科的な手術も受けにくくなります。健常者に比べて傷が治る速度が遅いですし、血液がうまく固まらない、感染症のリスクが高くなる、などが問題になるからです。
糖尿病のリスクが高いと診断されたら、できるだけ早く対策を行うことが大切です。
そのためには、日頃から健康管理するツールを使うと良いです。今では、スマートフォンのアプリを使って手軽に毎日の健康管理の記録がとれるようになっています。
体重や体脂肪を記録したり、その数字に基づいて適切な食事内容やカロリーを教えてくれるアプリもあります。なるべく手軽に記録付けできるものを選べば、続けやすいでしょう。
また、ウォーキングなどの運動をサポートしてくれるアプリもあります。歩いた歩数によってアイテムがもらえたり、マップが埋められていくなどゲーム的な要素を持っているアプリもあります。
なるべく気負わずに手軽に健康管理できて、継続させるようにしましょう。